其實是狠期待和花君SP相見歡的,
但沒想到看完第十一話後,
夾雜著不想離開竹本透馬的心情...

透馬你對著電視機前面的觀眾施咒狠不道德XD

最終話和第九話是我最喜番的兩話,
一直有點抗拒寫最終話的感想,以為不寫就不會結束。

現在,櫻花都開了,冬天的腳步遠了,
ハチクロ、ありがとう。竹本透馬,ありがとう。
陪我渡過這個冬天,讓我擁著期待等著每個火曜日的到來。



ドラマ最終話裡竹本為はぐちゃん設計的復健作業,
原作沒有這個橋段,但我覺得改得狠好!
是用了心才能幫はぐちゃん想出這樣可愛又有趣的復健,
看はぐちゃん做這部份的時候一直嘴角上揚就知道她很享受其中。



好羨慕竹本,
人生當中能遇到這麼一位即使是沒有結果的愛戀,
還能驕傲地說出喜歡上對方真是太好了。



はぐちゃん送給竹本餞別的三明治,夾著那麼多四葉草
她把所有的幸運都送給竹本,願竹本的未來順利,
收到這樣的祝福怎能不感動,怎麼壓得住內心的激動...



一日中探して、やっと一枚しか見つけられなかった、
四葉のクローバーが、こんなにを入ってった。
二年前の春、奇跡のようなあの景色の前で、僕たちは出会った。
側にいるだけで、幸せだった。

でも、すぐ目の前にいるの全然手を伸ばそうとしない自分が、いつも元かしかった。
求めもないのに、手に入れないとき続けって、
黙ってみてるだけで自分が、いつもはだだしかった。
そんな僕に、きっかけは抱いてくれだのは、はぐちゃんの優しいさだった。
そんな不甲斐ない僕を、付き援護が出しくれたのは、はぐちゃんの強いさだった。

僕はこれまで、ずっと考えていた。
うまくいかなかった恋、意味なんてあるのかって。
消えていてしまう物は、なかった物と同じかなぁって。
でも、今なら分かる、意味はあったんだと。
はぐちゃんとの出会いあったらこそ、今の僕がここにいるんだと;
時が過ぎで、何もかも思い出になる日は、きっと来る。
でも、きっと思い出す。五人で過ごしたあのかけがえのない日々のことを...

そして、今なら胸を張って思える。
僕は君を好きになって良かった。 

以上台詞不管聽幾次內心都還是會翻滾,眼淚總是轉著滾著就落了下來。


透馬,君を好きになって良かった!
もう一度、ありがとうって言いたい...
まだ離れたくないよ...

創作者介紹
創作者 kyokochan 的頭像
kyokochan

ピンクコンのKyokoちゃん

kyokochan 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()