果然那頭金毛是為了新作品做的準備。
三池+宮藤官!這種組合好令人期待~(雖然我最近在看三池導的愛與誠,感到有點痛苦)
雖然還沒開拍,但我已經可以在腦袋裡自已演起來了(喂

俳優の生田斗真が、高橋のぼる氏の人気漫画を実写映画化する「土竜の唄」に主演し、主人公・菊川玲二に扮することがわかった。ある犯罪組織を壊滅させるために送り込まれた潜入捜査官という役どころで、メガホンをとる三池崇史監督と脚本を手がける宮藤官九郎という組み合わせから、過激な描写が予想される。生田は、「日本が誇るふたつの才能がぶつかり合う瞬間に現場をともに過ごせること、とても楽しみで興奮しています。三池&宮藤ワールドの地下深くまでどっぷり潜りたいと思います。気合入ってます!!! ばっちこーい!!!!」と意欲をみなぎらせている。

原作は「週刊ビッグコミックスピリッツ」に連載中で、33巻まで刊行されたコミックは累計発行部数は350万部。多数の作品を抱える版元の小学館社内でも、“読者が映像化を切望する最後の大物”と言われており、多くのミュージシャンやお笑い芸人、漫画家などもファンを公言している。それだけに、今回の映画化に寄せられる期待は高まるばかりだ。

三池監督は「5分に1度、何かが起きてスクリーンから目を離せない、『ジャパニーズ・ミッション・インポッシブル』と呼べるような、スピード感あふれる作品にしたい」と意気込む。さらに、「中学生がトラウマになるような、過激な映画にしたいね」と語っており、三池ワールド全開のスリリングな潜入捜査コメディを予感させる。

生田は、これまでに「人間失格」「ハナミズキ」「僕等がいた 前後篇」などで様々な役どころを演じきり、最新作「脳男」(29日公開)では生まれつき感情のない殺人マシーンという難役に挑んだ。今作では、初タッグの三池監督、ドラマ「うぬぼれ刑事」以来となる宮藤のもと、バカ丸出しでスケベなのに女性経験のない童貞潜入捜査官役を通し、“誰も見たことがない生田斗真”を惜しげもなく披露する。

作品の冒頭には、生田が車のボンネットに全裸の状態で手足を縛られ、大の字のまま猛スピードで疾走するシーンがあるそうで、原作者の高橋氏は「漫画でしかあり得ないと思っていた!」と大興奮しているという。さらに、ヤクザにゴルフのドライバーで股間を打たれそうになったり、手下に股間をかみつかれるなど、原作のハチャメチャ感を踏襲しながらの撮影を予定している。

ストーリーは、警察学校を史上最低の点数で卒業し巡査になった、正義感は人一倍強い玲二が署長から突然クビを言い渡されるところから始まる。表向きは懲戒免職という形をとりながら、潜入捜査官(通称モグラ)になれという命令だった。ターゲットは、関東一の広域暴力団・数寄矢会の轟周宝組長。同会傘下・阿湖義組の若頭“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也に気に入られた玲二は、数々の試練を乗り越えながら轟へと近づいていく。1月下旬にクランクインし、都内近郊ロケセットを中心とした撮影を経て3月にクランクアップ予定。完成は、今秋を目指す。


以上來自eiga.com 其他新聞應該也是大同小異,就醬。

關鍵字就是おバカでドスケベで童貞!這角色感覺好歡樂耶~XD

而且內心小劇場好像也會很多,
以上設定對生田斗真來說根本就是一塊小蛋糕啊!(笑)
至於片頭全裸被綁在車上的鏡頭,我煩惱的是劇中該用什麼車才好呢?
就算是賓士的那個MARK也遮不了什麼啊~A_A

所以這個人還是持續著每年都有電影作品問世的記錄.......

 

全站熱搜

kyokochan 發表在 痞客邦 留言(2) 人氣()